人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ビル・エヴァンス ( 3 ) タグの人気記事

伝説の歌姫の真実 ~ 映画「ストックホルムでワルツを」 ~

b0102572_9372643.jpg

久しぶりに「観るJAZZ」に取り上げる映画(DVD)を観た。前から観たいと思っていた映画、「ストックホルムでワルツを」(原題;Monica Z)。スウェーデンの伝説の歌姫で、スウェーデンの女性ジャズ・シンガーの元祖といってもいい、「モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlund」が世界的歌手に昇りつめるまでの、波乱に満ちた数年間に焦点をあて­たサクセスストーリー。同国のアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞で11部門­にノミネートされ、監督賞、主演女優賞など4部門を受賞しているという。

スウェーデンの小さな田舎町で、両親や5歳の娘と暮らすシングルマザーのモニカ。電話交換手の仕事をしながらジャズクラブで歌手活動も行なう彼女は、厳格な父親から「母親失格」の烙印を押されながらも、歌手としての成功を夢見て励んでいた。とある評論家(レナード・フェザー/Leonard Feather)に誘われ、ジャズの聖地ニューヨークでステージに立つという大きなチャンスに恵まれたモニカだったが、ニューヨークでのライブは大失敗に終わってしまう。「自分にしか歌えない歌」を追い求めるモニカは、英語ではなくスウェーデン語でジャズを歌うことを思いつく。

「映画「ストックホルムでワルツを」予告編」



モニカを演ずるのは、「エッダ・マグナソン/Edda Magnason」。私は知らなかったが、スウェーデンの歌姫で、この映画が女優デビューだったという。どうりで上手いはず。すべての歌を吹き替えなしでエッダ自身が歌っている。なかなかの歌い手で、演技とともにモニカの雰囲気を上手く出していた。モニカがスウェーデン語でジャズを歌うことを思いつくシーンで歌われていたのは、「歩いて帰ろう」。(埋め込み不可のため次をクリックしてください。「Edda Magnason - Sakta vi gå genom stan (Official Video) 」

b0102572_10232849.jpg

「モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlund」。1937年生まれ。父親がテナーサックス奏者、母親がベーシストという音楽一家に生まれ、幼少の頃から音楽に親しみ、19歳でデビュー。 59年には渡米、「スティーブ・アレン・ショー/Steve Allen show 」に出演し、世界的に広くその名が知られるようになったという。1964年、モニカが27歳のとき、ヨーロッパ・ツアーでストックホルムに立ち寄った「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans Trio」と録音した 「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」が世界的にブレイク。その後、彼女は女優、歌手として90年代前半まで現役で活躍したが、2005年5月12日に亡くなった。享年67歳。自宅のベットでの寝タバコが原因で火事になり、焼死体で発見されたという。しかも、火事を通報したのはモニカ本人で、その時「こんな事で死にたくないわ」と言ったという。あまりにも無残で悲しい最期だった。(Wikipedeaなど、参照拙ブログ「スエーデン美女シンガー図鑑(その4) ~モニカ・ゼタールンド~」

そのアルバム、「ワルツ・フォー・デビー」の時の「エヴァンス・トリオ」は、「チャック・イスラエルズ/Chuck Israels (b)」、「ラリー・バンカー/Larry Bunker (d)」。そして「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」は、「Monicas Vals(モニカのワルツ)」とスウェーデン語表記され、スウェーデン語の歌詞で歌われている。

ワルツ・フォー・デビー+6

モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Monica Zetterlund with Bill Evans Trio -Waltz for Debby」

          

そして、映画でも使われていた「テイク ファイヴ/Take Five」にスウェーデン語の歌詞をつけ歌った「I New York」。

「Monica Zetterlund-I New York」

          

スウェーデンの伝説の歌姫で、「モニカ・ゼタールンド」の半生が活き活きと描かれ、その前向きな生き方に共感できた久々の「観るJAZZ」であった。




 
by knakano0311 | 2015-04-01 10:38 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(2)

エコと言うにはおこがましいが ・・・ 

b0102572_155265.jpg


車検の時期が来た。母親のケア帰省のことがあるので、今回は早めに車検に出すことにした。いつもは代車を頼んでいるのだが、こんな時期ということもあって、とても「エコ」と言うにはおこがましいが、今日から3日間車なしの生活をしてみることとした。
b0102572_16194455.jpg
朝一、車を預け、猪名川沿岸をウォーキング。久しぶりの猪名川の河川敷公園である。堰の積み石を踏んで対岸に渡ってみる。河の中から望む五月山は開放感にあふれる景色である。水辺には多くのカモなどの水鳥に混じって、サギ、セグロセキレイ、シジュウカラ、ハトなどが群れている。

b0102572_1627946.jpg




 
土手には、ご近所の方達が手入れをしているのであろう、菜の花、チューリップ、ラベンダー、クローバーなどの花が一杯に咲いている。そして水辺には春休みになった子ども達が遊んでいる。東北地方とは別世界のような平穏な日常と風景が広がっている。素直に感謝したい。エコと言うにはおこがましいが 3日間、車を使わない生活が始まった。

b0102572_16424515.jpg

帰り道、最寄り駅のデパートでは究極の「エコ移動」、間寛平さんのほぼ2年間をかけて地球一周、4万キロ走破した「アース・マラソン」の軌跡の全貌を記録したイベントをやっていた。60歳、地球一周走破という前代未聞のチャレンジを成し遂げた。一歩60cmの積み重ねである。展示してあった何足ものボロボロになったシューズがそのことを雄弁に物語っていた。すごいの一言!

東北へのエール、「You Must Believe In Spring」シリーズの最後は、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」で締めくくりましょうか。1977年に録音されていたこのアルバムは、1980年、エヴァンスの死後にリリースされた。兄弟、友人を相次いでなくした後の録音だけに、死、喪失感を色濃く感じ取ることができる。このアルバムをエヴァンスの最高傑作にあげる人も多い。

You Must Believe in Spring

Bill Evans / Rhino / Wea



「♪   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   木々は、その葉が落ちても、再び芽吹いてくることをわかっています
   すっかり葉が落ちてしまった時期も、めぐり来る季節に過ぎないと知っているのです
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   やがては春がくることを信じましょうよ!  ♪」


「Bill Evans - You Must Believe In Spring」 Trio with Eddie Gomez (b), Eliot Zigmund (d)

          
 
 
by knakano0311 | 2011-03-31 09:19 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

もしもピアノが弾けたなら(16) ~ヨーロッパ・ジャズ・ピアノ・トリオ番外編(2)~

ヨーロッパJAZZピアノ・アーティストの補足の番外編を続けましょう。

いままで書いてきたように、ヨーロッパのジャズ・ピアニストたちを並べてみると、北欧を中心とする北ヨーロッパとイタリアに出身を持つピアニストが多いことに気がつきます。なにか理由があるのでしょうが、残念ながら私には思い浮かびません。どなたかお考えをお持ちじゃありませんか?
それと、いずれのアーティストの殆どが、ビル・エヴァンスによって確立された、三者対等のインタープレイ(=アドリブ)を前面に打ち出した「ピアノ・トリオ」のスタイルと、メロディやハーモニーを基調とする「音楽世界観」を踏襲する、いわゆる「エヴァンス派」であるということです。

b0102572_11202625.jpg

かってよく聴いていたが、その舌を噛みそうな名前が覚えられなくて、長らく忘れていた次に挙げるピアニスト、「エンリコ・ピエラヌンツイ・トリオ」もまたイタリア出身の「エヴァンス派」です。ヨーロッパJAZZがこんなにもブームになる前、EJTが結成された1984年にはすでにレコードデビューを果たし、いちはやく、エヴァンス派の筆頭格として注目を集めたイタリアのベテラン、名手である。いまはなきレーベル、アルファ・ジャズが手がけた作品のひとつである「ナイト・ゴーン・バイ」は、1996年リリースの名盤とよばれるアルバムであるが、その希少性により中古市場においてプレミア価格で取り引きされる人気盤となっていたが、待望の復刻再発売が実現したアルバム。エンリコ・ピエラヌンツィ(p)、マーク・ジョンソン(b)、そしてビル・エヴァンス・トリオのドラマー、ポール・モチアンを迎えたトリオによる、「Yesterdays」で幕が開く、美しくもドラマティックな世界。

ナイト・ゴーン・バイ
エンリコ・ピエラヌンツィ・トリオ / / ビデオアーツミュージック
ISBN : B00009AUZJ
スコア選択:


彼のアルバムはいままでに約20作ほどリリースされているが、デビュー当時と同メンバー(ドラムスがジョーイ・バロン)で、デビューの11年後の1997年にNY録音のアルバムが「チャント・オブ・タイム」。ビル・エヴァンスの流れを汲んだ耽美派とも呼ばれる彼の演奏は、流麗、華麗なタッチでメロディを奔放に奏でるが、その曲の持つ本質的な美しさを決して損なうことはない。「Fool On The Hill」、「You Don’t Know What Love Is」にそのことが見て取れる。そしてオリジナルの「Un’alba Dipinta Sui Muri/壁に描かれた夜明け」は、切ないほど美しい。

チャント・オブ・タイム
エンリコ・ピエラヌンツィ・トリオ / / ビデオアーツミュージック
ISBN : B0000C9VP9
スコア選択:

このアルバムからのアップがありませんので、別アルバムから。

「Enrico Pieranunzi, Gabriele Mirabassi, Mark Johnson - Un' Alba Dipinta Sui Muri」

          
by knakano0311 | 2008-12-02 23:03 | もしもピアノが弾けたなら | Trackback | Comments(0)