大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ヨット競技 ( 2 ) タグの人気記事

「海の日」に思い出すのはあの頃

b0102572_16494835.jpg


7月18日は「海の日」。そんなことに気がついて、ヨットに明け暮れていた社会人なりたての頃、1970年代を思い出していた。ヨットを始めたのは会社に入ってから、最初の職場、研究所の同僚に誘われたからである。当時の会社は、時代に先駆けて週休2日制。関西は全く初めての地で、知り合いもなく、特にすることもなかったから、なんとなくはまっていった。当時、会社のヨット部は、全国大会にも何回も出場を果たした実業団の中では強豪チームであった。ちなみに艇庫に隣接する西宮ヨットハーバーは、「太平洋ひとりぼっち」の「堀江謙一」さんがアメリカ・サンフランシスコに向けて、「マーメイド号」で密かに出航したハーバーでもあった。

5月から10月は、仕事を終えた金曜日の夜に、西宮の浜の艇庫に集合。土、日と朝から練習をくり返した日々であった。朝から海に出ては練習、昼まで帰ってこない。その当時は、熱中症なんてこれっぽっちも考えたことがなかった。無謀といえば無謀な毎日ではあった。夜になると、練習で火照った体に、いわゆる浜風が心地よく、その感覚を今でも覚えている。もう、船に乗らなくなってから40年くらいか ・・・。ときどき、波しぶきをスプレーのようにたて、波に乗って滑るように走る爽快感を再び味わってみたいと思う事がある。

ヨットは、風を味方につけてのスポーツ競技である。今宵は「ジョージ・ベンソン/George Benson」によって、一世を風靡したフュージョンの名曲、「ブリージン/Breezin' 」(1976)を 。

ブリージン

ジョージ・ベンソン / Warner Music Japan =music=



「George Benson - Breezin'」

          

   
[PR]
by knakano0311 | 2016-07-21 15:24 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

大阪北港ヨットハーバー  ~ 人生の寄港地にて ~  

今日も、またまたドライブレポートです。
ぽかぽか陽気、絶好のドライブ日和に誘われて、我が定番のドライブ・ルート、湾岸ルートのドライブの途中、大阪湾のなかの広大な埋立地、「舞洲(まいしま)」へ寄ってみました。
ここは、大阪市に2008年のオリンピック招致が、成功した暁には、会場となる予定の埋立地であったが、みごとに北京に負けて涙を呑み、この広大な埋立地は、税金の無駄遣いと、散々に酷評された土地である。現在は、ウォータ・フロントとして、舞洲緑地公園に整備され、海辺の散策や、波止釣りや野外活動ができる、市民の憩いの場として整備されている。北京に負けた腹いせか、大きなアリーナや野球場が、ぽつぽつと建設されてはいるが、ウイーク・ディとはいえ、ほとんど人がいないし、うら寂しい雰囲気。市民への知名度がほとんどない上に、アクセスの悪さもあるので、やはり税の無駄遣いか? しかし、今日の我々には絶好の海辺の散策路。 

また、この「舞洲」に隣接する大阪北港には、近代的な施設の整った大きなヨットハーバーがある。多分、ここもオリンピックがあれば、ヨット競技会場として大活躍したであろう場所。オリンピックは来なかったが、立派なヨットハーバーは残った。日本は、ぐるりと海に囲まれた、海洋国でありながら、なぜか海のスポーツ、マリンスポーツには冷淡な国。ヨットがとでつもない贅沢なスポーツ、金持ちの遊び、というイメージがあり、なかなか普及の施策が行われない。事実アメリカズ・カップのような、世界的なヨットレースやクルーザーレースに参加しようと思うと、F1レースどころの比でないほど、金はかかるのだが。でも環境に全く負荷をかけない、ヨットのようなマリン・スポーツがこの海洋国、環境立国をめざす日本で盛んになってもいいと思うのだが。元ヨットマンの私としては、まっ、これでヨット競技の裾野が広がれば、それは意義のあったことである。

この北港ヨットハーバーに、このブログでも何回か取り上げたが、われわれ夫婦の湾岸ドライブの止まり木「パパ・ヘミングウエイ」がある。

b0102572_22334372.jpg


入社当時の20代は、車も金もなく、会社のヨット部に入部し、休日は、専らヨットに明け暮れていた。当時は北港ヨットハーバーはなく、西宮ヨットハーバーにある大学生の艇庫を借り、スナイプを中心とするディンギーのレース練習を重ねていた。救助艇をかねた24フィートのクルーザーをクラブが所有していたため、GWや盆などの長めの休みは、瀬戸内海のクルージングを楽しみ、まさに青春だった。
時々、北港へ来て、若い人たちの練習風景を眺めていると、そんな若いころの自分を思い出します。人生の「セイリング」のゴール地点に、だんだん差し掛かってきて、嵐や荒波も時々あったが、無事定年という穏やかな入り江の寄港地に、今は停泊してます。再度船出をするのか、陸に上がるのか・・・・・。そのヨットの仲間たちが、私の定年のお祝いにと「真っ赤な、カシミアのマフラー」をプレゼントしてくれました。まだ赤いマフラーでも巻いて、「しゃれっ気をうしなわず、若い気持ちで、がんばれ」と言うことでしょうか。

そんな青春時代を夢中にさせた「セイリング」にちなんだアルバムから数点。

キーボード奏者「ハービー・ハンコック」のエポック・メイキングな作品、「処女航海」。ジョージ・コールマン(ts)、フレディ・ハバード(tp)を加えて、斬新なハーモニー感覚で、より開放的な響きを表現しようと試み、60年代のハードバップから、新鮮な脱皮を果たした画期的な作品。曲目も人生を航海になぞらえたような選曲で構成された名盤。「処女航海」は、数多くのJAZZアーティストたちに、テーマとしてカバーされている。

処女航海
ハービー・ハンコック / / 東芝EMI
スコア選択:


ヴィブラフォン奏者「ジョー・ロック」がリーダーとなり、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」やロバータ・フラックの「やさしく歌って」などのヒット曲を小気味にスイングして聴かせる。タイトルもずばり「セイリング」。タイトル曲「セイリング」(R.スチュアートのヒット曲ではない)ではじまり、「港の灯」で終わる粋なアルバム。

セイリング
ジョー・ロック&ザ・ニューヨーク・カルテット / / エムアンドアイカンパニー
スコア選択:


「ロッド・スチュアート」の超有名曲、「Sailing」が収録されたアルバム、「Atlantic Crossing」。スコットランド系英国人であるの彼のユーモアで、「大西洋を一またぎ」とでも訳すのか。単純なメロディの繰り返しであるが、だんだんと盛り上がり、心に迫ってくる名唱、名曲。一時期「洋ものカラオケ」をうたうおじさんたちの間で、「マイ・ウェイ」とならんで、もてはやされた曲。何回聴かさせられたことか。

Atlantic Crossing
Rod Stewart / / Warner Bros.
スコア選択:


「Sailing( 訳詞付) - ロッド・スチュアート」

          
[PR]
by knakano0311 | 2007-01-25 23:14 | 音楽的生活 | Trackback(1) | Comments(1)