人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:太陽の塔 ( 6 ) タグの人気記事

いつもと変わらず春の一日を過ごす

いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_23442507.jpg
いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_23451676.jpg
いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_12501806.jpg
 世の中騒然としているが、いつもと変わらない春の一日を過ごす。買い物によったエキスポ・シティのフード・コートより見える「太陽の塔」の顔もなんとなく春の日差しに和らいで見える。大観覧車は「OSAKA WHEEL」。「コブシ/辛夷」の花も開いてきた。

 曲は、「スピニング・ホイール/Spinning Wheel」、1960年代後半から1970年代にかけて、ブラス・ロックの中心バンドとして一世を風靡したロック・バンド、「ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ/Blood, Sweat & Tears BS&T」のヒット曲。アルバムは、「Blood, Sweat & Tears」(1969)から。

いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_13015764.jpg

 
 Blood Sweat & Tears
 Blood Sweat & Tears
 Sony







「Blood, Sweat & Tears - Spinning Wheel」
          


いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_14282556.jpg

 この「BS&T」に参加していたのが、「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet (MJQ)」の人気トランペッターだった「ルー・ソロフ/Lew Soloff」。1944年ニューヨーク生まれ。14歳でトランペットを始め、ジュリアード音楽院を卒業後、68〜73年に「BS&T」に参加。また、「ギル・エヴァンス/Gil Evans」のオーケストラには、ギルが亡くなる1988年まで参加してそのサウンドを支えた。2015年3月、惜しくも逝去。71歳。

 その彼が、来日した「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/Manhattan Jazz Orchestra」と「西城秀樹」とのコラボ・コンサートで「スピニング・ホイール」のソロを吹く動画がYOUTUBEにアップされていました。
  

「Manhattan Jazz Orchestra & Hideki Saijo - Spinning Wheel」
          

 デンマークのジャズ・ヴォーカル、「セシリア・ノービー/Cæcilie(Caecilie) Norby」の歌唱。彼女のパートナーは、ベーシストで知られる「ラーシュ・ダニエルソン/Lars Danielsson」。アルバムは、「My Corner of the Sky」(1997)から。

いつもと変わらず春の一日を過ごす_b0102572_13211542.jpg


 
 My Corner of the Sky/マイ・コーナー・オブ・ザ・スカイ
 Cæcilie Norby/セシリア・ノービー
 EMIミュージック・ジャパン






「Spinning Wheel - Cæcilie Norby」
          


   




by knakano0311 | 2020-03-13 14:29 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

太陽の塔を見て昔を懐かしむ


太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12033796.jpg

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12040371.jpg
太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_09571256.jpg


 冬物と春ものを買いに、暖冬により早まったバーゲン・セール訪れたのは、「エキスポシティ」。1970年、入社2年目にあった大阪万博、「EXPO'70」の会場跡地にできた大型ショッピングモールと映画館、水族館、大観覧車などのエンターテイメントが組み合わさった複合施設。あれから50年。その後は、「風神雷神」という絶叫型ジェット・コースターで知られた「エキスポランド」という遊園地になり、それが痛ましい事故で閉鎖のやむなきにいたり、紆余曲折を経て、そのあとにオープンした施設である。会社生活の後半は、毎朝モノレールで見ながら通勤していた「太陽の塔」。首都圏に住んでいた妻も万博を訪れたという。二人で「太陽の塔」を懐かしく見、あの頃を思い出しながら、フード・コートで食事を楽しむ。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_23590984.jpg



 今宵のアルバム。観覧車のジャケットで、2018年グラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」最終ノミネート作品の「The Subject Tonight Is Love」(2018)。「ケイト・マクギャリー/Kate McGarry」の作品。日本でも多くのファンを持つ実力派女性ヴォーカリスト/ソングライター、「ケイト・マクギャリー」が気心の知れたミュージシャン、長年の伴侶である「キース・ガンズ/Keith Ganz」のギターと、売れっ子鍵盤奏者、「ゲイリー・ヴェルサーチ/Gary Versace」によるオルガンとピアノというシンプルな編成を軸にして吹き込んだ、親密な空気感に心潤うアルバム。スタンダードからオリジナルまで、凛として透明感あふれる歌声と、ベテランらしいリラックスした軽やかな演奏、シンプルでアコースティックなサウンドで聴かせる。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_16485851.jpg


 THE SUBJECT TONIGHT IS LOVE
 KATE MCGARRY
 Inpartmaint





 プロモーション・ビデオ、グラミー賞ノミネートを受けてのライブの模様、アルバム冒頭の「Prologue: The Subject Tonight Is Love」を。

「Kate McGarry - Keith Ganz - Gary Versace – The Subject Tonight Is Love」
          

「Kate McGarry Trio - 2019 Grammy Nominees for Best Jazz Vocal Album」
          

「The Subject Tonight Is Love - Kate McGarry Trio」
           

 さて、遊園地といえばお決まりだったのが、「メリーゴーランド」。我々シニアには、「回転木馬」と言ったほうが馴染みが深いかもしれない。「スタジオ・ジブリ」制作、「宮崎駿」監督の日本の長編アニメーション映画に「ハウルの動く城」(2004年公開)がある。このテーマ曲が、「久石譲」作曲の「人生のメリーゴーランド」。このテーマ曲を気に入ったシャンソン歌手の「クミコ」が、「宮崎駿」監督に手紙を出し、「歌詞をつけて、自分に歌わせてもらえないだろうか」という手紙を出し、快諾してもらったという歌が、「人生のメリーゴーランド」。「クミコ・ベスト わが麗しき恋物語」(2006)から。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_17511298.jpg


 
 クミコ・ベスト わが麗しき恋物語
 クミコ
 avex io





【 人生のメリーゴーランド 】  作詞:覚和歌子 作曲:久石譲

「♪ 回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風ににも止められない  メリーゴーランド

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   捨て台詞みたいに  人生は終われない
   やりきれないことばかりならば  なおのこと

   回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風にも止められない  メリーゴーランド  ♪」
   
   
「人生のメリーゴーランド - クミコ」
          

   
 ピアノです。イタリア出身の御贔屓ピアニスト、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。彼は、少年時代から日本のアニメファンであり、特に「スタジオ・ジブリ」のアニメが大好きらしく、2015年には、ジブリ作品を中心にカバー収録した「アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~」をリリースし、最近では、「MITAKA CALLING -三鷹の呼聲- 」というジブリ・カバー集のアルバムをリリースしたばかり。「Howl'S Moving Castle(人生のメリーゴーランド)」は、「アニメッシ」にも収録されているが、ちょっとあざとい気もするアニメ企画ではなく、最初に収録され、純粋にピアノ・アルバムとしてリリースされた、「プリマ・オ・ポワ/Prima o Poi」(2005)がいい。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00043101.jpg


 
 アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア





太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00052136.jpg


 
 MITAKA CALLING -三鷹の呼聲-
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア




太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00113776.jpg

 
 Prima O Poi
 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
 Bang






「Giovanni Mirabassi - owl's Moving Castle (ハウルの動く城)」
 
          

    
     


by knakano0311 | 2020-02-17 10:03 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

太陽の塔と私

太陽の塔と私_b0102572_21134858.jpg

 1970年に開催された「大阪万博」のシンボル、芸術家の故「岡本太郎」氏が手がけた「太陽の塔」(大阪府吹田市)の内部公開が、3月19日(月)より、48年ぶりに始まった。(写真はNETより拝借)

 私が定年まで勤めた会社に入社したのは、1969年(昭和44年)。「大阪万博」開催の前の年であった。東大・安田講堂事件、東名高速道路全線開通、アメリカの宇宙船「アポロ11号」が人類初の月面着陸に成功 ・・・などがあった年。入社の動機の一つに、「翌年に万博」があるからという理由が心のどこかになかったと言ったら嘘になるかもしれない。

太陽の塔と私_b0102572_16401325.jpg

 入社翌年の3月に万博がオープン。そのほかにも、日航機よど号ハイジャック事件、三島由紀夫と楯の会会員が自衛隊東部方面総監部に乱入などの事件があったのもこの年。

 大阪万博EXPO'70。会社の最寄駅から直通バスが出ていたので、休みの日以外も会社を終えてからよく行きました。あれほどの人と熱気。それ以後、あんな熱気に接したことは一度もない。その中で、いろいろな評価はあったが、あの「太陽の塔」の存在感は圧倒的だったと思う。
    
 万博後も、「エキスポランド」や「万博記念公園」、「国立民族学博物館」などによく出かけた。そして、現役終わりの頃は、「大阪モノレール」で通勤していたので、毎朝「太陽の塔」を車窓から眺めていた。2006年(平成18年)3月14日に定年を迎えたのだが、その日の朝も、「太陽の塔」を感慨深く眺めながら出勤したことを記憶している。今思うと、私の会社人生は、「太陽の塔」に始まり、「太陽の塔」で終わったといっても過言ではない。それほど「太陽の塔」は私の人生の傍らにあった。

 定年後も実家への帰省は中国道~名神~中央道を利用していたため、吹田JCTを過ぎて「太陽の塔」が見えてくると「ああ我が家に帰ってきた」という思いが強くしたものである。

 昨日通りかかった万博公園の桜はちらほらと咲き始めていた。

太陽の塔と私_b0102572_2114735.jpg

 さて、今宵の曲は、「Something in the Air Between Us」。「私たちの間に芽生えた何か」とでも訳しましょうか。「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」のアルバム、「Make Someone Happy」(2007)から。

 「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」。ロシア・ウラル山脈出身で冷戦崩壊後の混乱の中、イスラエルに移住、そこで育ち、その後カナダへ。トロント大学生のときJAZZ歌手デビュー、現在はカナダ、アメリカを中心に活躍する若手イチオシ女性ボーカルの一人。

【 Something in the Air Between Us 】  by Marc Jordan / Steve Mackinnon

「♪ Sand and stars              砂と星々
  The secret life of planet mars       火星の秘密の人生
  Somewhere I can feel the sun       私が太陽を感じることができるならどこでも
  There's something in the air between us  私たちの間で「何か」が芽生える

  Let it rain                 雨よ降れ
  Nothing ever stays the same       同じものなど何一つない
  Your tears are falling in my dreams    私の夢にあなたの涙が降り注げば  
  There's something in the air between us  私たちの間で「何か」が芽生える

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  I want to be with you         あなたと一緒にいたい
  No matter where you are        あなたがどこにいようとも
  And when the cars and lights go by   車や光が通り過ぎる時
  I'll shine there in your eyes       私はあなたの瞳の中で輝く
  Until the moon and stars collide     月と星々が衝突するまで
  Something in the air between us     私とあなたの間で「何か」が芽生える
  Something in the air between us     私たちの間で「何か」が芽生える
  Something in the air between us     きっと           ♪」

 ボッサ・テイストの軽いノリが心地よい。

Make Someone Happy

Sophie Milman / Linus



「Sophie Milman - Something In The Air Between Us」

          
   



   
by knakano0311 | 2018-03-23 10:08 | JAZZ的トリビア | Trackback | Comments(0)

メモリアル3月

日課のウォーキングをしていたら、近所の小学校で卒業式が行われていた。ここの小学校を卒業した三男も今は首都圏で働いており、いまさらのように、月日の経つのは早いと感じる。もう、自分の小学校の卒業式のことなどは、まったく思い出せないほど過去のことになってしまった。耳を澄ますと、「仰げば尊し」ではなく、聴いたこともない歌が流れている。「尊い」と仰げなくなった先生よりも、別な価値観が優先される時代か ・・・。

今年の卒業式で歌われた歌のNo.1は、2位の「卒業写真」(松任谷由実(荒井)由実、ハイファイ・セット)、3位の「贈る言葉」(海援隊)をおさえて、「レミオロメン」の「3月9日」だったそうである。また「いきものがかり」の「エール/YELL」も多く歌われたという。

メモリアル3月_b0102572_14564031.jpg

また、3月14日は、1970年に大阪万博の開会式が行われてから40年目の日。その前年の大学紛争、’70安保闘争をまるで忘れたかのように、「人類の進歩と調和」をかかげたあの万博は沸き立った。総入場人数は6,421万人だったという。当時、私は入社してちょうど1年目、2月に会社の寮をでて、一人暮らしをはじめたばかりの時期であった。日本や世界の輝かしい未来都市がそこにあると単純に信じて、何回も行った。  

40年たった現在、振り返ってみると、本当に人類の進歩と調和を目指したのだろうか? すこしでもそこに近づいているのだろうか?日本の後を追って、北京オリンピック、上海万博と突き進んできている中国の現実に日本の歩みがダブって見えてくる。大阪万博の象徴であった「太陽の塔」の裏面に創られた第3の顔、「黒い太陽」が脳裏に浮かんできてならない。あの日にかえりたいですか?かえりたくないですか?・・・・ 

荒井由実の「あの日にかえりたい」でも聴いてみますか?



 
by knakano0311 | 2010-03-22 15:06 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)

おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~

おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~_b0102572_2363116.jpg
「モニュメント」といえば、私の頭に最初に浮かぶのは、「太陽の塔」である。私が入社した翌年の1970年に開催された「大阪万国博覧会」のシンボルである。制作は「岡本太郎」氏。休日や会社の終業後に何回となく万博へは遊びに行った。あの万博から来年でもう40年になるんですね。多くの近未来もどきのパビリオンが所狭しと建っていた万博の跡地は、今は整備されて、「万博記念公園」という広大な公園になって、四季折々、市民の憩いの場所や櫻の名所となっている。同じような万博の遺産「EXPOタワー」は老朽化で最近取り壊され、当時を偲べる「ハコもの」で残っているものはこれくらいである。デザインが発表された当時は、「鶏のとさか」とか「意味不明」とか揶揄もされたが、スエーデンの友人は「素晴らしいデザイン」と絶賛していたのを思い出す。そして、万博公園の脇を走るモノレールが、会社近くまで延伸されてからは、定年まで毎日あの金色に輝く顔をもつ塔をみて通勤した。「太陽の塔」は、私のサラリーマンとしてのモニュメントでもある。

おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~_b0102572_21433762.jpg
兵庫県淡路島の北東部、淡路市東浦町に高さ100m(台座20mを含む)に及ぶ観音像が建っているのをご存知だろうか。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにある両手を広げたキリスト像の高さは約30m、有名なニューヨークの自由の女神像は、高さが48mというから、100mというのは、ずば抜けた高さである。対岸の大阪・岸和田、関西空港あたりからもよく見え、大阪湾を横断するヨット・クルージングの際は絶好の目印でもあった。

この像は、「世界平和大観音像」。今から27年前の1982年(昭和57年)、まさにバブル真っ只中に、地元淡路島出身の実業家が、不動産で巨万の富を得、故郷に錦を飾る意味で建立したという。しかし、観音像とはいうものの、およそ宗教とは無関係で、館内はその人が蒐集した絵画、甲冑、クラシックカーなどが展示されているという。最初の頃こそ入場者があったものの次第に減り、ついには赤字のため、2006年(平成18年)に閉鎖されてしまった。まさに、「バブルの遺産」を象徴するようなモニュメントである。まっ、バブルでなくともおなじ結果になったであろうが・・・。 
おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~_b0102572_21395318.jpg
世界平和大観音は現在、沿道から外観だけを見ることは可能であるが、アップで観ると分かるように、造形がかなり稚拙なのは否めないし、観音様のありがたさも感じない。そして首のところにある展望台は、下から見上げるとちょうどギブスのようにも見え、誰が名づけたか、人呼んで「ムチウチ観音」という言葉がぴったりする。建てた実業家も今は亡くなり、所有権も転々とし、神戸地裁から競売の手続きが取られているという。見向きもされず、朽ち果てる一方で危険な状態となり、取り壊すのにも数億円掛かるらしく、市では対策に頭を痛めているらしい。まさに、無用の長物、巨大ゴミと化した「ハコもの」が、如何に無残であり、迷惑であるかを象徴しているが、その結末はどうなるんでしょうか・・・。

おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~_b0102572_21402179.jpg
神戸市長田区の若松公園で9月29日、「鉄人28号」の原寸大モニュメントを覆っていた幕が取り外され、高さなんと18メートルの青い巨体が姿を現した。早速行ってみた。でかい!鉄人28号があのポーズを取っている。ここ長田地区は、あの阪神淡路大震災で最もおおきな被害があった地区。「鉄人28号」は同市出身の漫画家、故「横山光輝」さんの代表作で、地元の商店主らでつくるNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」が阪神大震災復興のシンボルとして数年がかりで制作した。「鉄人28号」は、「鉄腕アトム」と並んで、私の子供時代大人気になったロボット。アトムとは違って、自分の意思は持たず、正太郎のもつリモコンによって操縦される操縦型ロボットの元祖であった。その「操縦型」という点で、技術者志向の私はアトムより好きであったのだ。この時代のロボットは、いまからすると、リアリティに欠ける反面、のどかというか、どこか緩いキャラであるのが特長ともいえる。この鉄人、現在は足元の整地工事の為、再び工事用フェンスで囲まれているが、11月末の工事完了後は足元をくぐれるようになるという。大震災復興のシンボルとして、いつまでも愛され、この地に根付くことをのぞむばかりである。東京・お台場にも巨大なガンダムが建てられたというニュースも・・・。

わが40年のJAZZ歴におけるモニュメント的アーティストは誰であろうか?一人は間違いなく「アートブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ/危険な関係のブルース」である。私をJAZZの世界に誘った記念碑的作品に他ならない。その後の「我がJAZZY音楽遍歴」は「我が青春のジャズ・グラフィティ」などで書いたとおりである。そして、もう一人は、女性JAZZボーカルの魅力に最初に開眼した「阿川泰子」であろうか。’80年発表のアルバム「JOURNEY」は、その美形ぶりをもって、一気にホワイトカラー族をJAZZファンに引き込み、当時30万枚の大ヒットを記録したというからすごい。彼女のブレイク前、1970年代後半ではなかろうか、当時大阪・中之島にあった「プレイボーイ・クラブ」で歌う彼女を初めて見て魅了され、その時の彼女の写真を、今だ密かに持っているのです。そして忘れてはならないのが、「アン・バートン」。何回もこのブログに登場してくるように、女性JAZZボーカルの魅力にのめりこんでいったモニュメント的歌手の一人である。

JOURNEY
阿川泰子 / ビクターエンタテインメント
ISBN : B0000561AS
ブルー・バートン
アン・バートン ジャック・スコルズ ルイス・ヴァン・ダイク ピエ・ノールディク ジョン・エンゲルス / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005G4A3


おやじのハコものがたり(3) ~生き続けるモニュメント~_b0102572_9521754.jpg



「阿川泰子 - Sentimental Journy」

          
 
by knakano0311 | 2009-10-19 10:08 | おやじのハコものがたり | Trackback | Comments(0)

ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~

ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_2363116.jpg
(写真;岡本太郎氏デザインの「太陽の塔」はいまだ健在。訪れる人に大阪万博の頃の日本が持っていた熱気やエネルギー、明日への期待を思い起こさせる)

車の車検のため近くのディーラーへ行った帰り、大阪では桜の名所でもある万博記念公園へ寄ってみた。ここは、1970年(昭和45年)に開かれたあの「大阪万国博覧会」の跡地で、総敷地面積は264ヘクタール、甲子園球場の約65倍の広さに及ぶ広大な公園である。あの万博から来年でもう40年になるんですね。私も歳をとるわけだ・・・。入社したのが1969年、関西の電機メーカを就職先に選んだ理由の一つに、「次の年に万博が開催される」という、いささかいい加減な動機もあったのだが、会社のレクやら個人の遊びも含めて4,5回は行ったでしょうか。私にとっても、多分団塊の世代の皆さんにとっても、「大阪万博」は思い出のビッグ・イベントだったと思います。そして、万博公園の脇を走るモノレールが開通してからは、毎日の通勤路でもあった。「太陽の塔」のあの金色に輝く顔、公園の四季の移ろい。毎朝、定年退職してからは、この3月まで顧問づとめの週3日、それを見ながら会社へ通った。万博公園は私のサラリーマンとしての軌跡にも重なる。

その万博公園の自然文化園、日本庭園はいま桜が満開の「櫻祭り」。説明無用の櫻づくし。多くの人がそれぞれの櫻の楽しみ方を満喫。こんなご近所に桜の名所があったと、改めて認識しました。

ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_23873.jpgご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_2383413.jpg







ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_2385685.jpgご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_239294.jpg







ご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_23103485.jpgご近所の櫻 (3) ~万博公園櫻づくし~_b0102572_23143739.jpg








そしてAmazonからこんなCDのおすすめのEメールが届いていた。アルバム・タイトルは「sakura flavor」。

『大ヒットを記録した「さくら」、「桜」、「SAKURA」等タイトルに「さくら」を冠するJ-POP曲でカバー・アルバムを制作。誰もが一度は耳にした事のある楽曲ばかりを収録し、・・・家やドライブ、カフェでも聴けるボッサやレゲエまで取り込んだ本物感あふれる強い音楽性を兼ね備えながらも、オシャレで聴きやすいアレンジに仕上げた、この春最重要のカバー・アルバムが誕生!!』

sakura flavor

Jazzin’park / BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)



「Jazzin' Park - 桜色舞うころ(中島美嘉)」

           
by knakano0311 | 2009-04-10 17:56 | おやじの遠足・街歩き | Trackback(2) | Comments(0)