人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:映画「ブルーに生まれついて」 ( 1 ) タグの人気記事

ブルーに生まれついて

b0102572_17244194.jpg
b0102572_17212415.jpg

今、観たい映画がある。「ロバート・バドロー/Robert Budreau」監督、「 イーサン・ホーク/Ethan Hawke」主演の映画、「ブルーに生まれついて/原題:Born to Be Blue」。1950年代、米・西海岸のジャズシーンに颯爽と現れ、アンニュイな雰囲気で人々を魅了したウエストコースト・ジャズを代表するトランペッターにしてシンガーの「チェット・ベイカー/Chet Baker」の伝記映画である。

黒人アーティストが主流のモダン・ジャズ界において、あの「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」をも凌ぐ人気を誇ると言われ、ジャズ界の「ジェームス・ディーン/James Dean」と呼ばれた甘いマスクとソフトな声で一斉を風靡したが、麻薬に身を滅ぼし、最後は、1988年5月13日、滞在先のアムステルダムのホテルで謎の転落死を遂げた。そんな一人の天才ミュージシャンの転落と苦悩を描くとともに、ある一人の女性との出会いによって再生する姿を描いたラブ・ストーリーだという。

b0102572_1722423.jpg

かって、「チェット・ベイカー」についてはこのブログで何度か取り上げたことがあり、私にとって、その破滅的な人生には共感は全くできないが、その音楽性についてはたまらなく惹かれるという二律背反的な意味で、ご贔屓のアーティストである。そんな彼の詳細な生涯、評伝については、「ジェイムズ・ギャビン/James Gavin」著、「鈴木玲子」訳の「終わりなき闇 ~チェット・ベイカーのすべて~/原題:Deep in a Dream The Long Night of Chet Baker」(河出書房新社)に詳しい。(参照拙ブログ「男唄に男が惚れて(1) ~チェット・ベイカー 無頼派への憧れ~ 」「60歳過ぎたら聴きたい歌(55) 終わりなき闇 ~チェット・ベイカー/My Funny Valentine ~ 」 など)

残念ながら上映館がほとんどなく、DVDを待つしかないのであるが、ベイカーを迫真の演技で演じているのは、「イーサン・ホーク」。本作の熱演で早くもオスカー候補と言われているという。この映画のために、6カ月に渡ってトランペットを練習したという彼。映画の予告編とベイカー十八番の「マイ・ファニー・バレンタイン/My Funny Valentine」と「I never been in love before」を映画の場面から。いや、なかなかのもの。

「映画『ブルーに生まれついて』予告編」

          

「Ethan Hawke & David Braid(piano) - My Funny Valentine (from motion pictures "Born To Be Blue") 」

          

「Ethan Hawke -  I never been in love before」

          

ジャズ、女、麻薬、それがすべて。異例のスピードでジャズ界のスターとなってから世界一有名なジャンキーへと成り下がった男、チェット。麻薬が欲しいから演奏していたのか、演奏するために麻薬が必要だったのか、彼のトランペットから流れ出た悲哀の正体はなんだったのか。
 
「徹底した落伍者の眼の色と声質は、ときに神性さえおびる」と「辺見庸」が評したように、その声は人を泣かす。(参照拙ブログ 「60歳過ぎたら聴きたい歌(41) ~ I'm A Fool To Want You ~ 」


さあ、どんな風に描かれているのだろうか。

「ブルー」。彼に似合う色かもしれない。映画の原題となっている「Born to Be Blue」、「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」が彼のために作ったとも言われる「Almost blue」をチェットの切々たる哀愁の歌唱と演奏で ・・・。

【 Born To Be Blue/ブルーに生まれついて 】
         作曲;メル・トーメ/Mel Torme 作詞;ロバート・ウェルズ/Robert Wells

「♪ Some folks were meant to live in clover  クローバーに囲まれて暮らす人がいるという
   But they are such a chosen few      でも、彼らは選ばれた人たち
   And clover being green is          僕は緑色のクローバーなんて
         something I’ve never seen          見たこともない
    ‘Cause I was born to be blue        だってブルーに生まれついたのだから
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ♪」

BABY BREEZE

CHET BAKER / VERVE



「Chet Baker - Born to Be Blue」

          

Almost Blue

Chet Baker / Kang & Music


Let'S Get Lost

Chet Baker / RCA Victor Europe



【 Almost Blue 】     作詞作曲;Elvis Costello

「♪ Almost blue                 ほとんどブルー
  Almost doing things we used to do      ほとんど同じことの繰り返し
  There's a girl here and she's almost you   横に女の子がいるけど、君そっくり
  Almost all the things that you promised with your eyes 君が俺に約束したことの殆どが
     I see in hers too                彼女の眼の中にも見える
  Now your eyes are red from crying    いま君の眼は赤く泣きはらしているだろうが

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    Almost you                        ほとんど君
   Almost me                        ほとんど俺
   Almost blue                        ほとんどブルー   ♪」

「Chet Baker - Almost blue」

          



by knakano0311 | 2016-12-26 09:57 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)