人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:炭焼き ( 32 ) タグの人気記事

雪の中、なんとか「窯入れ」を終える

b0102572_22352914.jpg
b0102572_22354193.jpg
b0102572_22355494.jpg

 午前中、第1回目の炭焼き体験塾の「窯出し」を終え、すぐに第2回目のグループの「窯入れ」を始める。第2回目のグループは家族での参加が多く、子供たちも、寒さの中を一生懸命にお手伝い。昼からは天気予報通り雪が降ってきたが、なんとか「窯入れ」を終え、つぎの日の「窯焚き」を待つ。

 今宵の曲、「Out in the Cold」。「キャロル・キング/Carole King」です。直訳すると、「寒さの中に放り出されて」というような意味でしょうが、「冷たくされて、無視されて、忘れられて、のけ者にされて」という慣用句。名盤、「つづれ織り(タペストリー)/Tapestry」(1971)に収録。

【 Out in the Cold 】  by Carole King 

「♪ I only wanted to play         祈ることしかできなかった
  I thought what he didn't know      これぽっちも私が彼を傷つけようなんて
       wouldn't hurt him anyway    思ってもみなかったに気付いて欲しいと
  But he found out            でも、彼は見つけてしまった
    and someone else gave him her hand to hold 彼に手を差し伸べてくれる他の人に
  And suddenly I find myself out in the cold  そして、突然、冷たくされてしまった

  He trusted me all the time        彼はいつでも私を信じてくれた
  I thought I could see another man      ほかの男に目移りした時も
        and he would still be mine     彼はいつも私だけを見てくれた
  Well yesterday I had a good thing      そう、私は昨日まではゴールドより
          worth more than gold     価値のあるものを持っていたのだ
  Today he's got a truer love         でも今、彼は真実の愛を見つけ
           and I'm out in the cold    私は寂しく一人ぼっち

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」


 TAPESTRY

 CAROLE KING / EPIC



「Carole King - Out In The Cold」

          
    


     
by knakano0311 | 2019-01-27 22:36 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

職人列伝 ~ 炭を焼く合間に ~

b0102572_1831497.jpg

 窯焚きの翌日。前々日一日かけて薪を燃やし、窯木が自分で熱分解を始める温度まで窯の温度を上げてから、窯口をレンガで密閉した。昨日、今日と2日かけて、じっくりと窯木を炭化をさせ、十分に炭化したと判断したら、「くどさし」といって、窯を完全に密閉する。それまでは、1時間ごとに温度を測定し、炭化の推移を推定することぐらいしか作業がない。そこで、羨ましいのが、時間を有効に使う術を心得ている、職人ともいえる技を持った仲間たち。

b0102572_18511028.jpg
b0102572_18312931.jpg
b0102572_18314710.jpg
b0102572_1832552.jpg

 かっては、桜の枝などでスプーンやバターナイフなどをつくる器用な人もいた。第2回目で使う標本窯木に取り付ける金属タグを加工する人、それを高温にさらされても外れないように取り付ける人。壊れた長ベンチを上手に修理するクラフトマン。根っからの木樵ではないかと思うほど、楔と玄能を使って玉木を見事に割っていく人 ・・・。様々な職人はだしの腕を持った仲間たちに、この活動は支えられている。

 さて、今宵のピアノ、「Snow Leopard」。「雪豹」。「リッチー・バイラーク/Richard Beirach」が、ECMに残した3部作、「EON(邦題:Nardis」(1974)、「Hubris」(1977)「ELM」(1979)の一枚、「ELM」から。プロデューサーは、ECMレコードの創設者でもある、「マンフレッド・アイヒャー/Manfred Eicher」。12分半の長丁場の演奏ながら、ECM流の緊張感 スピードに溢れる演奏で飽きさせない。「リッチー・バイラーク」のECM盤は、海外では全部廃盤。なぜか、日本だけでリリースが許可されているという。

 パーソネルは、「リッチー・バイラーク(Piano)」、「ジョージ・ムラーツ/George Mraz(Double Bass)」、「ジャック・デジョネット/Jack DeJohnette(Drums)」。

b0102572_1855940.jpg

エルム/Elm
リッチー・バイラーク・トリオ/Richard Beirach Trio
ユニバーサル インターナショナル



「Snow Leopard - Richard Beirach」

          
by knakano0311 | 2019-01-16 18:18 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

ホントに点くのかな?

b0102572_18163619.jpg

 興味津々の顔つき。窯入れの後の予備焚きの最初の火は、いつも、仲間が手作りの火打石(燧石)と火打金(燧金)で火をつけることを習わしとしている。「ホントに火がつくの?」と疑い深そうに見つめるが、炎が上がると一転、驚きの声に変わる。

 今日は炭焼き初日。体験教室には老若男女、10人ほどが参加。炭焼きの安全を祈って、お神酒と「ヒサカキ(非榊)」を窯前に備え、2礼2拍1礼、作法に則り頭を垂れてから、作業に取り掛かる。些細なことだが、かっての里人が行っていた、こんな伝統も守って炭を焼き続けている。

 今宵の美メロ・ピアノ。「風習、しきたり」という意味の「Folkways」。1974年生まれのスウェーデン出身で、現在はドイツ・ハンブルグを中心に活動しているという俊英ピアニスト、「マーティン・ティングヴァル/Martin Tingvall」のピアノ・ソロ・アルバム、「Distance」(2015)からです。彼は、「アイスランドを旅してインスプレーションを得た」というソロ・ピアノ・アルバム。これを聴くと、かって仕事だったが、何回も訪れたスウェーデンの大地、空気が脳裏に蘇る。

 Distance

 Martin Tingvall / Skip



「Folkways - Martin Tingvall」

          

 アルバム・タイトル曲、「ディスタンス/An Idea of Distance」。
   
「An Idea of Distance - Martin Tingvall」

          
by knakano0311 | 2019-01-12 23:13 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

炭焼きの準備整う

b0102572_17202826.jpg
b0102572_172043100.jpg
b0102572_17511053.jpg
b0102572_17545091.jpg
b0102572_1753593.jpg

 いよいよ12日から炭焼きが始まる。今日はその最終準備。炭焼きの成否は、原材料である「クヌギ」の出来に依存することも多いと同時に、どれだけいい条件で焼けるかにかかっている。そしてその条件はどれだけちゃんと準備したかによって左右されるといっても過言ではない。いままで多くの失敗もしてきたが、それがノウハウとして積み重なり、準備のチェックリストとしてマニュアル化され、それに基づいて、各人が手分けをして準備を行っている。

 煙突のタールを落とす人、木酢液回収sysをチェックする人、窯を乾燥させる人、標本窯木の選定とタグ付け、寸法等計測をする人。土くれを砕き、篩がけして粘土を準備する人、十分に乾燥させ、2年後の炭焼きに必要になる薪を割る人、道具類のチェックをする人 ・・・。誰かに言われるまでもなく、それぞれに各人が分担を自分で決め、自立的に作業をすすめる。かっての現役時代の仕事は、お互いに知らないが、今仲間たちの作業する姿を見ていると、彼らの過去のキャリアでの仕事ぶりを想像することができる。みんな今は、良き老後を楽しんでいるのだ。さあこれで準備は整った。

 「私は冬の季節って大好き。だって炭焼きがあるから。」 そんな歌詞の今宵の歌は、「ウインター・ウェザー/(I love the) Winter Weather」。「ファッツ・ウォーラー/Fats Waller」、「ペギー・リー/Peggy Lee」などによって歌われたという、1941年、古い古いうたですが、そのとろけるようなメロウ・ヴォイスで囁きかける、カナダの妖精、「ダイアナ・パントン/Diana Panton」によって新しい息吹が吹き込まれたように思う。アルバムは、「ウィンター・キッス ~わたしのホリデイ/Christmas Kiss 」(2012)から。


【 I Love The Winter Weather 】  by Ted Shapiro

「♪ I love the winter weather      冬の天気って大好き
  So the two of us can get together   二人が一緒にいられるから
  There’s nothing sweeter, finer    冬ほどあったかくて、素晴らしい季節はない
  When it’s nice and cold        素敵だわ 寒いけど
  I can hold my baby closer to me    彼をぐっと近くに抱き寄せて
  And collect them fine kisses that are due me  素敵なキスを手に入れられるし
  I love the winter weather         冬の天気って大好き
  Because I got my love to keep me warm 私を暖かくしてくれる愛を手にれたから ♪」


b0102572_2322357.jpg

ウィンター・キッス ~わたしのホリデイ/Christmas Kiss
ダイアナ・パントン/Diana Panton
MUZAK,Inc.



「Winter Weather - Diana Panton」

          



      
by knakano0311 | 2019-01-10 23:53 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

窯木作りの日々が続く

b0102572_14134723.jpg

 太陽も顔を出さず、一段と寒さが増したこの日。燃えるように真っ赤な紅葉の下で、今日も、「クヌギ(櫟、椚)」の伐採、炭焼きに向けての窯木作りの作業をこなす。そろそろ紅葉の見頃も終わりかな ・・・。

b0102572_14324636.jpg
 今宵の曲、「Sitting In A Tree」。個性的この上もない歌手の一人、ドイツを代表するジャズ・シンガー「リャンビコ/Lyambiko」の 自身の名をつけたメジャー・デビュー・アルバム、「Lyambiko」(2005)から。

 「リャンビコ」は、1978年、タンザニア人の父親とドイツ人の母親の間に生まれたドイツ出身の女性JAZZ歌手である。1930年代にすでにジャズ・コンボのメンバーだった祖父、教会の聖歌隊のメンバーであった父親という音楽的にアクティブな家族の中で育ったという。2枚のCDをリリースした後、メジャー・デビューは2005年、「LYAMBIKO」。スキャットをまじえたオーソドックスなジャズ・ヴォーカルとボサ・ノヴァが話題となった。抜群の存在感、歌唱力、そして個性を持った彼女のヴォーカルは、まさに「ニーナ・シモン/Nina Simon」を継ぐシンガーとして、注目されている。

 「Sitting On A Tree」でもなく「Sitting In A Trees」でもない。大きな洞(うろ)の中にでも入っているのでしょうか、「木の上」と訳しましたが、「Sitting In A Tree」は、ピアノを弾く「マルク・ローエンタール/Marque Lowenthal」の作詞・作曲とある。 

【 Sitting In A Tree 】 by Marque Lowenthal

「♪ You and me,you and me           あなたと私 あなたと私
  We could be so true and free ,true and free  偽りなく自由でいられるのに 
  If we wanted                 もしふたりで望むならね
  Talk to me,walk with me           私に話しかけてよ 一緒に歩こうよ
  And Tell me what you want to be,   何が欲しいのか、偽りなく自由にいたいのかどうか
            true and free     教えてよ
  In this crazy place           こんなクレイジーな場所で生きていくから
  Tell me why,you and I             教えてちょうだい あなたと私
  Why we can't find time to be,true and free なぜ偽りなく自由でいる時間が持てないのか
  Far away,yesterday,we were both in love again 遠い昔に私たちは恋に落ちたのね
  Now and then,with each other          今も昔も お互いにね

  Cause I want you to be with me,        あなたと一緒にいたかったから
  I dreamed that you were sitting in a tree  木の上に座っているあなたを想像したわ
  Then I learned to kiss my dreams away  でもそんな夢にはいつかサヨナラしていたわ
  I never thought I'd live to see the day    そんな日が来るなんて思いもしなかったの
  When you would be right next to me,      まさか木の上で、あなたが私の右隣に
             sitting in a tree         座ってくれる日がくるなんて

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」
   

LYAMBIKO

 リャンビコ/マーク・ローウェンサル/ロビン・ドラガニック/トルステン・ツィンゲンベルガー/ジョルジオ・クロブ ヘルマー・マルチンスキー/ソニーミュージックエンタテインメント



「LYAMBIKO - Sitting in a Tree」

          
by knakano0311 | 2018-11-23 16:01 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

雪の中、二回目の炭焼き準備に取り掛かる

b0102572_1543718.jpg
b0102572_13502148.jpg

 明け方に雪が降り出した。今季一番の冷え込みの朝。うっすらと雪が積もった山の公園へと登る道を車を走らす。スタッドレス・タイヤに替えているので、なんの心配もなく登っていく。

 19日(金)に一回目の「くどさし」をし、この土曜日の午前中に窯を明け、続いて午後、第二回目の炭焼きの「窯入れ」をする予定になっている。その準備作業を行う。降りしきる雪の中、かじかむ手をこすりながらの作業。去年は大雪のため、「窯焚き」を二日延期せざるを得なかったという経験もある。なんとか土・日は積もらないで欲しいと願うのみ。

 今宵の曲は、「ビートルズ/The Beatles」の曲。よくご存知でしょう、「イン・マイ・ライフ/In My Life」のカバー。ビートルズの世界とは全く別な世界を、3様の演奏で聴いてみましょうか。

【 In My Life 】   By JOHN LENNON, PAUL MCCARTNEY

「♪ There are places I remember      人生の中で、思い出に残る場所がいくつかある
  All my life, though some have changed  いくつかは変わってしまっているが
  Some forever not for better        永遠に変わらない場所もいくつかある
  Some have gone and some remain   失くなってしまった場所も失くならない場所も
  All these places have their moments   どの場所にも、その時々の思い出がある
  With lovers and friends I still can recall  愛した人や友達の忘れられない思い出が 
  Some are dead and some are living  何人かは亡くなってしまったけど元気な人もいる
  In my life I've loved them all       その人たちすべてを人生で愛してきたんだ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」


b0102572_14103672.jpg

 まず、「ルディ・ロッタ」。1950年イタリア、ヴェローナ近郊の生まれ。なんともう67歳のオヤジ・ロッカー。幼少の頃、家族がスイスへ移住、14歳でギターを始め、18歳からプロとしてのキャリアを積んできたという。1987年に自身のバンドを結成。1993年には「モントルー·ジャズ·フェスティバル」で賞賛を勝ち取った。最近は故郷ヴェローナを活動の拠点としているという。

 そんなイタリア男、「ルディ・ロッタ」が率いるブルース・バンド、「ルディ・ロッタ・バンド/Rudy Rotta Band」のアルバムが、「The Beatles in Blues」(2001)。全曲ビートルズのブルース・カバーである。決して「キワモノ」でなく、ブルースにアレンジされたビートルズ・ナンバーはどれも渋めで、ビートルズへの情熱がそのサウンドには感じられる。

Beatles in Blues

Rudy Rotta / Pepper Cake



「Rudy Rotta - In my Life - The Beatles」

          
   
    
b0102572_14201396.jpg

 そして、「フェイク・ボッサ」は、つい最近もビートルズ・カバーで取り上げた、「Rita Lee/リタ・リー」。ブラジル・ロック界の女王といわれていた、「ムタンチス/Os Mutantes」のリード・ヴォーカル。ビートルズ・ナンバーをボッサ・アレンジしたアルバム、「ボッサン・ビートルズ/Bossa 'n Beatles」(2005)は、ビートルズ・カバーのPOPな楽しさに溢れている一枚。

ボッサン・ビートルズ

リタ・リー/ワードレコーズ



「Rita Lee - In My Life」

          
  
  
b0102572_1426303.jpg

 最後は、これも「フェイク・ボッサ」ですが、ボーカル・デュオ。ポーランド出身の歌姫、「グラジーナ・アウグスチク/Grazyna Auguscik」とブラジリアン・ギタリスト、「パウリーニョ・ガルシア/Paulinho Garcia」のデュエットによるビートルズ・カヴァー集から。「ふたりのボサノヴァ〜ビートルズ・ノヴァ/The Beatles Nova」は、リラックスして聴けるボッサ・アルバム。ガット・ギターで紡がれるナチュラルで柔らかなボッサのリズムと、アンニュイな雰囲気をもち、そっとつぶやくような美しい歌声。ビートルズが築いた世界とは全く別のノスタルジックで哀愁漂う世界が現われる。二人共、現在は、シカゴに在住し、親交を続けてながら、音楽活動を続け、3枚ほどのデュオ・アルバムをリリースしているようだ。

ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ

グラジーナ・アウグスチク&パウリーニョ・ガルシア / MUZAK



「Grazyna Auguscik and Paulinho Garcia - The Beatles Nova/In My Life」

           



  
by knakano0311 | 2018-01-25 14:56 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

8年目の炭焼き、今年は気合が入る

b0102572_20243527.jpg

 怪しげないでたちで炭窯の中にしゃがみこみ、窯木を待っているのは私。体験参加の一般の方8人と一緒に、いよいよ今年の炭焼きが始まったのである。私にとっては8年目、19、20回目の炭焼きである。去年、一昨年あたりから、いい菊炭を焼くちょっとしたコツというか、勘所をつかみかけた感じがしているので、今年の炭焼きは一層気合が入っている。

b0102572_227494.jpg
b0102572_22161485.jpg
 朝8時半集合、一日目の作業は「窯入れ」である。準備万端整え、11月から2ヶ月かけて伐採し、クヌギ再生林に集積してあった窯木、約440本を窯の前まで運ぶ。鉈(なた)で突起している枝や節を削いで、手渡しで窯の中に運び込む。いい炭を焼く最初のコツは、できるだけ窯内の空気を少なくするために、いかにぎっしりと窯木やバイタを詰めこめるかである。直径約2m、頂部の高さ1.7mの狭いドーム状の窯内での作業は結構大変である。ヘルメット、防護眼鏡や防塵マスクを着けての作業、最後の頃は、この厳寒時に汗びっしょりとなる。窯木の形状、詰め方、本数などによって毎回違うが、この時点で炭の出来栄えへの影響のかなりの分が決まる。

 最後にギリギリ薪を焚くスペースを残して、トタン板を入れ、「窯焚き」のスペースを作り、「窯入れ」を終える。この最後の詰めともいえるスペースをできるだけ狭くできるかも出来栄えの鍵を握る。そして、古式に則り、火打石と火打金とで火をおこし、1時間ほど予備乾燥をして、一日目の作業を終える。今夜半に降雪の予報もあり、明日の天候を心配しながら、家路に着く。

 今宵のピアノ、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。アルバムは、「テラ・フリオーザ/Terra Furiosa」から、「Last minutes」。

 ライナーノーツにいわく、『・・・・ メロディに満ちた「切なさ」を最大限引き出す事に焦点をおき、かつて無いほどの一体感 ・・・ 「聴く」というより「心に注ぎ込まれる」という表現が似合う、繊細さの極致を閉じ込めた結晶』

Terra Furiosa

Giovanni Mirabassi / Discograph



「Giovanni Mirabassi Trio - Last minutes」

           
  


  
by knakano0311 | 2018-01-13 22:38 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

気温は寒いが、太陽があったかい

b0102572_1427471.jpg
b0102572_14275986.jpg


今日の山作業は、第2回目の炭焼きの準備。すこし窯木が足りないようなので、再生林で追加の伐採や窯木作りを行う。気温は0℃と寒いが、風もなく晴れているので太陽があったかい。少し作業をするだけで汗ばんでくる。確保できたと判断し、山を下る。28日は第1回の窯出し(炭出し)に引き続いて、第2回目の窯入れから再び炭焼きが始まる。さて、出来栄えは ・・・。

おやじごころをくすぐるジャケットとささやき声。「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders」のアルバム、「Wanting」から、炭焼きにこじつけの「Fire Of Love」。

「ガブリエラ・アンダース」。アルゼンチン出身のシンガーで、1972年、ブエノスアイレス生まれ。ボサノバ・ユニット、「ベレーザ/Beleza」のリード・ヴォーカルとして一世を風靡した。1998年、初の彼女のソロ・アルバムとしてリリースされたのが、このアルバム「Wanting」である。

Wanting

Gabriela AndersWarner Bros.



「Gabriela Anders - Fire Of Love」

          

ライブ・バージョンもYOUTUBEにありました。1999年、「the Montreux Jazz Festival」での映像。アップ・テンポでアルバム・バージョンとはちょっと雰囲気が違います。

「Fire of love - Gabriela Anders」

          

  


  
by knakano0311 | 2017-01-26 14:51 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

雪の中を炭焼きへと向かう

b0102572_2135350.jpg
b0102572_2153987.jpg
b0102572_2142321.jpg
b0102572_2155458.jpg


二日間連続の雪。メンバーのほとんどがノーマル・タイヤ。とても山までは行けないので、「窯入れ」は終えたが、炭焼き本番、「窯焚き」を二日先に延期せざるを得なかった。三日目。さすがにさらなる延期はしんどい。夜外を見ても雪は降っていない。この日は雪は上がり、晴れるという予報なので、再開することにした。朝8時に窯へ集合である。しかし、朝起きて外を見ると、うっすらと雪が積もり道路は凍結している。山へ向かう幹線道路は走ることができそうなので、1時間集合時間を遅らせて山へと向かう。しかし、トンネルを抜けると道路は凍結していた。ゆっくりと慎重に車を進め、公園の麓に車を置き、あとは徒歩で窯へと向かう。窯の近辺は一面の銀世界。仲間も順次参集。窯焚きを始める。やはり、炎は美しい。8時間たっぷりと焚いて、窯を閉じ、帰る6時半頃は、もう真っ暗。

今宵のボーカル。ブラジル出身のジャズ・ピアニスト、ヴォーカリストの「イリアーヌ・イリアス/Eliane Elias」。「ドアーズ/The Doors」のヒット曲、「ハートに火をつけて/Light My Fire」。アルバムは同名タイトルの「Light My Fire」(2011)。

Light My Fire

Eliane Elias / Concord Records



「Eliane Elias - Light My Fire」

          


  
by knakano0311 | 2017-01-18 22:12 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

今年もまた炭焼きから山遊びの一年が始まる

b0102572_9534919.jpg


土曜日。今年もまた炭焼きが始まった。雪が心配され、ときおりちらつく中、なんとか持っている。8時30分集合。早速に準備を始める。この「炭焼き」は一般の方を対象にした「炭焼き体験教室」も兼ねている。参加者が集まったところで、プレゼン、今回の炭焼きの安全、成功を祈願し、「窯開き」の神事を行う。

そののち、クヌギの再生林まで上がり、バイタ作りと窯木の窯までの積み込み、運搬、降ろしを手伝ってもらう。午後からは、窯木を窯に入れる作業、「窯入れ」である。できるだけ隙間がないように詰め込むのであるが、今年は窯木が細かったためもあり、430本の窯木が入った。古式に法り、火打石に着火、点火で予備乾燥を1時間ほど行い、この日の作業を終える。

今日予定の「窯焚き」は、昨夜から積雪のため中止。明日以降に延期となった。

b0102572_1171413.jpg

さて、この記事を書いている今も、雪がちらついている。アイルランドの実力派シンガー・ソングライターに、「リサ・ハニガン/Lisa Hannigan」がいる。8月にリリースされた、彼女の3作目となるニュー・アルバム、「アット・スイム/At Swim」に「Snow」という曲が収録されている。それを聴いてみますか。

「リサ・ハニガン」。1981年、アイルランド・ダブリン生まれ。同じアイルランドのシンガー・ソングライター、「ダミアン・ライス/Damien Rice」と6年間パートナーシップを組んでいたが、解消した。田舎の寒い納屋に篭って書き上げ、2008年に発表したデビュー・アルバム、「シー・ソウ/Sea Sew」でソロ・キャリアをスタート、2009年の英国の権威ある「マーキュリー・プライズ」の最優秀アルバムにノミネートされるなど、たちまち大きな話題をさらった。

b0102572_11162255.jpg

2011年にリリースされたセカンド・アルバム、「パッセンジャー/Passenger」では、アイリッシュ・アルバム・チャートで初登場1位を獲得。その愛らしい姿と優しく繊細な歌声で「アイリッシュ・エグザミナー」誌は、「誰もがリサと恋に落ちる」という見出しを付けたという。

ジャズ界の大物、「ハービー・ハンコック/Herbie Hancock」は、リサの歌唱をこんなふうに評しているという。「彼女が選ぶ音やフレーズにはすごくたくさんのジャズがある。彼女は和音の9度や11度を歌っていたよ。つまりね、そういった中の幾つかは、マイルスが選ぶだろう音のように聞こえるんだ」。

ときおりファルセットが混じる独特の澄んだ声、アイルランドの大地や遠いケルトの文化の影響を感じさせる。今年最初の収穫、「リサ・ハニガン」。何はともあれ聴いてみましょうか。

At Swim

Lisa Hannigan / Play It Again Sam



「Lisa Hannigan - Snow (Official Video) 」

          

「Lisa Hannigan - Prayer For The Dying (Official Audio) 」

          

「Lisa Hannigan - Fall (Official Video) 」

          

  


  
by knakano0311 | 2017-01-15 11:34 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)