人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:JAZZ BAR 2019 ( 2 ) タグの人気記事

季節感を感じないまま新年を迎えていく

季節感を感じないまま新年を迎えていく_b0102572_10280958.jpg
季節感を感じないまま新年を迎えていく_b0102572_10282553.jpg
 年の瀬も押し迫ってきたこの日、ちょっと買い物があったので、西宮の大型ショッピング・モールへ。クリスマスやハロウィーンほど特別なデコレーションやディスプレイには気がつかなかったので、年末を感じるのは食品売り場にずらりと並んだおせち料理くらい。会社も年始年末休暇となり、学校も冬休みに入ったこともあって、いつもより人出は多い。屋上の庭園には、12月だというのに噴水が上がり、子供たちが遊んでいたのには、ビックリ。加えて暖冬傾向。近年は、こんなふうにあまり季節感を感じないまま新年を迎えていくことが多いような気がする。
   
 今宵は、前回の続きで、「JAZZ BAR 2019」(2019)から、いくつか。
   
季節感を感じないまま新年を迎えていく_b0102572_10291450.jpg



 Jazz Bar 2019
 V.A.(選曲・監修:寺島靖国)
 寺島レコード

        



 ドイツの俊英ピアニスト、「オリ・ポッペ/Oli Poppe」のピアノ・トリオの「Maria durch den Dornwald ging(賛美歌;マリアはいばらの森を通り)」。アルバムは、「We'll Be Out For Christmas」(2009 Doublejoe Music)から。 

「Oli Poppe Trio - Maria durch den Dornwald ging」
          

 イスラエル出身のピアニスト、「アリ・エレブ/Ari Erev」率いるトリオの演奏で、「Luigi's Muse(ルイジの女神)」。アルバムは、「About Time」(2008 CD Baby)から。

「Ari Erev - Luigi's Muse」
          

 ハンガリーの新世代のミュージシャン、「ペーター・サリク/Peter Sarik(p)」、「ジョルジュ・フレイ/Gyorgy Frey(b)」、「Tamas Berdisz(ds)」の3人によって2007年に結成されたピアノトリオ。「El Bailador」は、アルバム、「Better Tomorrow」(2008 Tom-Tom Records)から。

「El Bailador - Peter Sarik Trio」
          
    
    
    


by knakano0311 | 2019-12-30 10:39 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

年末はいつものように門松作り

年末はいつものように門松作り_b0102572_10565922.jpg
年末はいつものように門松作り_b0102572_10573055.jpg
 今年も早いものであと数日。いつものように、近くに住む次男の分、次男のお嫁さんの実家の分、我が家の分と3家分のミニ門松を作る。10年ほど前に作ってあげたら、予想外の好評で、以後、この門松作りは喪中の場合を除いて、ずっと私の年末のささやかなイベント、もはや年中行事となっている。先日、ボランティア・クラブのイベントで残った竹と植木鉢などを持って帰っているので、近くの山で、松、裏白を採ってくれば、材料は揃う。3本の竹を適当な長さに揃え、植木鉢に固定し、周りに松、裏白、サンシュユの赤い実が付いた枝などを配置すれば、出来上がり。松の枝の採取を除けば、1時間半程で出来上がる。さて、今年の出来栄えは ・・・。

年末はいつものように門松作り_b0102572_10582731.jpg


 さて、年末のジャズ・ファンの年中行事といえば、「寺島靖国」氏が自ら主宰する「寺島レコード」から、毎年年末にリリースされるコンピ・アルバム、「Jazz Bar xxxx」シリーズのリリースでしょうか。自身のレーベルを立ち上げる前の2001年からスタートし、もう今年が19年目である。欧州系でしかもピアノ・トリオが中心で、寺島氏のいう「ガッツと哀愁、美メロ」満載のシリーズなので、2年程を除いて、ずっとこのシリーズを聴いている。このシリーズは、私が新しいアーティストを知る一つの手段ともなっている。その最新版は、「JAZZ BAR 2019」。最近は、ちょっと古いアルバムからのチョイスが多いことが気になるが、今年は全曲ピアノ・トリオ、しかも、全てのトリオが私には、初物という嬉しいアルバム。その中から何曲かを ・・・。
 
年末はいつものように門松作り_b0102572_10591471.jpg




 Jazz Bar 2019
 V.A.(選曲・監修:寺島靖国)
 寺島レコード

        



 イタリアは「ジュリアン・ オリヴァー・マッツァリエッロ/Julian Oliver Mazzariello(p)」率いる「アンドレ・チェッカレリ/André Ceccarelli(ds)」、「レミ・ヴィニョーロ/Rémi Vignolo(b)」とのトリオによる「アカレッツァーメ/Accarezzame(私を抱きしめて)」。アルバムは、「Debut」(2018 Millesuoni Srl)から。


「Accarezzame - Julian Oliver Mazzariello, André Ceccarelli, Rémi Vignolo」
          


 これまたイタリアの「アンドレア・ガリバルディ・トリオ/Andrea Garibaldi Trio」の「Chez Mini(可愛い家?)」。 アルバムは、「Passaggio al bosco」(2015 Emme Record)。 

「Chez Mini - Andrea Garibaldi Trio」
          


 サンフランシスコ在住の「ノーム・レミッシ/Noam Lemish(p)」、「ジョージ・マーシュ/George Marsh(ds)」、「ジム・カーウィン/Jim Kerwin(b)」のトリオの「And You Are」。アルバムは、「The Turning」(2016 CDBaby)から。

「And You Are - Noam Lemish · George Marsh · Jim Kerwin」
          


 フランスの俊鋭、「フランソア・インゴールド・トリオ/François Ingold Trio」の「La Valse D'oscar(オスカーのワルツ?)」。アルバムは、「Fat Free」(2007 Altrisuoni)から。 

「La Valse D'oscar - François Ingold Trio」
          
    
    
       


by knakano0311 | 2019-12-29 11:10 | 我が家の歳時記 | Trackback | Comments(0)